Buil Live Tokyo 2010でパフォーマンス賞を受賞

授賞式1
授賞式1

Buil Live Tokyo 2010でパフォーマンス賞を受賞!!

 

  

東京工芸大学建築設計計画I研究室チーム(修士学生の北岡・大橋の2名)が

()IAI日本(http://www.iai-japan.jp/)主催するBuil Live Tokyo 2010に参加し,見事「パフォーマンス賞」を受賞しました。

授賞式2
授賞式2

---------------------------------

Buil Live Tokyo 2010」について

---------------------------------

Buil Live Tokyo(以下BLTと略)は、()IAI日本(http://www.iai-japan.jp/)

主催する、インターネットで競われるリアルタイム建築設計コンペである。

 

今年で3回目となる本コンペは、96時間(社会人は48時間)以内に、与えられた全

ての設計条件をクリアした3次元建物データを提出するという、非常に難易度の

高い内容で、全国から社会人が8、学生が12の計20チームがエントリーした。

 

本コンペはスピードと正確さが要求されるため、“建築界のF1レース”とも称さ

れる、いま業界でもっとも注目度の高いイベントの一つである。

 

-----------------------------------------------------------------------

東京工芸大学建築設計計画I研究室チームが参加

-----------------------------------------------------------------------

社会人チームの中には、大手ゼネコンの設計室から数十人体制で参加するチーム

や、CADベンダーをメンバーに擁する混成チームなど、いわゆる"専門家"チー

ムが目立つ中、東京工芸大学建築設計計画I研究室チームは、果敢にもマスター

コースの北岡と大橋の2人だけで本コンペに挑戦することになった。

 

-----------------------------------------------------------------------

そして見事「パフォーマンス賞」を受賞!

-----------------------------------------------------------------------

1028日、東京お台場でBLTの授賞式が華々しく開催された。東京都市大学の山

口教授ら審査員が各受賞作品を発表し、我らが東京工芸大学建築設計計画I研究

室チームは、並み居る強豪の中から見事「パフォーマンス賞」を受賞した。

会場では、受賞の理由は以下の点であるとの講評が行われた。

 

東京工芸大学建築設計計画I研究室チームは、BIM(Building Information

Modeling)によるデジタルなデザインと風洞実験などのアナログ手法を組合わせ

た斬新な取組みや、構造計算に裏付けされた設計を行うなど、パフォーマンスの

高い作品が評価された結果の受賞である(審査員コメント)

風工学研究拠点HPはこちら