新着情報

[過去のニュースはこちら]

工学部 工学科 建築学系 建築コース及び大学院工学研究科 建築学・風工学専攻  教員公募のご案内(2018年7月19日追加)

 

2019年度からの東京工芸大学工学部の再編に伴い、工学部工学科建築学系建築コース(現在の工学部建築学科から組織変更)担当の新任教員(建築設計・計画系)を公募いたします。

 

応募要項をご確認の上、ご応募ください。

 

https://www.t-kougei.ac.jp/guide/recruitment/#r02

 

東京工芸大学工学部(工学科建築学系建築コース担当)教員募集要項.pdf
PDFファイル 58.9 KB

根岸陽君が「タイニーハウス小菅デザインコンテスト2018」で最優秀発表賞

本学科の卒業生根岸陽 (鍛研究室, 2007年学部卒業)君が、山梨県北都留郡小菅村 タイニーハウスプロジェクトが主催する「タイニーハウス小菅デザインコンテスト2018」で最優秀発表賞を受賞しました。おめでとうございます!

 

 

作品タイトル: 凸凹ハウス 森に開かれた細長い家

 

関連サイト:

https://tinyhouse-kosuge.jimdo.com/design-contest2018%E7%B5%90%E6%9E%9C%E7%99%BA%E8%A1%A8/

 

建築学科非常勤講師 津野 恵美子先生が「ヤマノイエ」で2018年日本建築学会作品選奨を受賞

 

建築学科非常勤講師の津野恵美子先生(建築設計製図II、同III)が「ヤマノイエ」で2018年日本建築学会作品選奨を受賞しました。
同選奨は、日本建築学会の『作品選集2018』に掲載された100作品のなかから「学術・技術・芸術の総合的視点からみて、特に優れたもの」を選出したものであり、各年10件ほどの建築作品のみに与えられる非常に栄誉ある賞です。

津野先生はこの作品で第26回AACA優秀賞、平成29年建築士会連合会賞奨励賞、第6回木質空間デザインコンテスト住宅部門賞も受賞しています。

                                                                                                            (撮影:西川公朗)

津野先生のコメント:

「この度ヤマノイエという、箱根の豊かな森の中に建つ週末住宅で、2018年日本建築学会作品選奨を受賞しました。私の作品や設計手法は、鮮やかさや新規さを競うものではなく、一つ一つの条件や要素に向き合って出した回答を積み重ねていく、地味なタイプです。それでも、4年間真摯に向き合って積み上げてきたプロジェクトが、評価を頂き、受賞につながったことを光栄に思っています。」

 

https://www.t-kougei.ac.jp/activity/archives/2018/article_33038.html

 

 

卒業研究・修士論文梗概集36号についてのお詫び

この度、卒業研究・修士論文梗概集 36号(2018年3月発行)について、落丁のまま発行し、卒業生、修了生の皆様に配布していたことが判明いたしました。

著者をはじめ、皆様には、大変ご迷惑をおかけをおかけしてしまい、心からお詫びすると共に、このようなことが再発しないよう、今後は万全を期したいと存じます。

つきましては、落丁ページがあった論文をPDFファイルでダウンロード頂けるように致しましたので、ご利用ください。

落丁のあった論文は、以下の通りです。

卒業研究・修士論文梗概集巻36号 p239-240 

平成30年4月20日 建築学科 卒業研究担当 鍛、金

 

 

237-240.pdf
PDFファイル 3.8 MB

風工学研究拠点HPはこちら